遺書

よく生きました。

よく生きました。

素晴らしい人生でした。

でも私は素晴らしい人生に適合できなかった。

息をしているだけで辛かった。

悲しかった。

心臓が動いているのが怖かった。

頭が働いているのが怖かった。

まあ途中から頭は使い物にならなくなったけど。

たくさん恋をした。

自分にはないものが欲しかった。

息苦しくなく生きている人の心臓の音を聴くのが大好きだった。

羨ましかった。

皆つらいことや悩みを抱えて、乗り越えて、キラキラ輝いていた。

生き生きしていた。

みんなちゃんと生きていた。

羨ましかった。

私の周りには素晴らしい人間しかいなかった。

みんな素敵だった。

みんな美しかった。

ちゃんと心臓が動いて、息をしていた。

苦しくなさそうに、それが当たり前みたいに、息をしていて、つらいことや悲しいことも抱えて、それでも笑って生きてて、それが羨ましかった。

私には無いものだったから。

みんなみたいに苦しむことなく息を吸いこみたかった。

つらいことや悲しいことを抱えていても、ちゃんと心臓動かして生きていきたかった。

なんやかんや言ってみんなはちゃんと生きてる。

しっかり生きてるよ。

えらいよ。

私は誰の好意だって上手く受け取ることができなくて。

他人の感性が分からなくて。

生きてるのがつらかった。

悩みがあるとかじゃなくて息をしているのがつらかった。

私も皆みたいに普通に息を吸って心臓動かして、悩みや悲しいことも抱えて。

憧れてたんだ。

普通に息を吸って吐いて、心臓を動かしている人間に。

私の人生はそれはそれはとても恵まれていました。

家族にも友達にも恋人にも。

病気になってしまったのはただの私の甘えなんです。

精神病になりたかったんです。

きっと。

私だけの特別が欲しかったんです。

でも精神病は思ってた病気と違って、死ぬほどつらいのに死ねなくて、ああ、だからみんな自殺しちゃうんだなって思ったんです。

あのね、どれだけ勉強したってね、精神病の人の気持ちが分かるのは精神病の人だけだよ。

治った人はもう違っちゃうんだよ。

死ぬほどつらいのに死ねない病気が精神病。

覚えておいてね。

なんでオーバードーズするのかよく聞かれるけど自分で飲む量調整できないんだよ。

効いたって分かるまで飲み続けたいの。

ふわふわしたいの。

現実から離れたいの。

こんなにも息がしづらい現実から。

私は2月22日に死にます。

22年間もの間たくさんの経験をさせて頂きました。

ありがとうございました。

恐怖

幸せが怖い


私の一言で、私の行動で、

今の幸せが壊れてしまったらどうしよう


また全部失ったらどうしよう

独りになりたくない


怖い


何も失いたくないよ

雨の日は体調が悪い


精神的なことを体調と言っていいのか最近迷ってしまう

身体はいたって健康なのだ


雨音がきらい

頭を掻きむしって発狂したって雨音は止まない

雨音は私の全てを否定しているかのように私の精神に重圧を与える


私は無機質な音の幻聴をよく聴く

雨音やラップ音、時計の針の音

たぶんそれも関係してる


小学生の頃は雨のこと大好きだったのにな

何故かっていうときらいな体育が中止になったから

逆さてるてる坊主作って雨乞いしてたのが懐かしい


雨音がきらい

低気圧がきらい

きらいきらい全部きらい


雨の日はきらい

好きな人に告白をしました

好きな人に告白をしました

何度も何度も真剣に「好き」と言いました


好きな人は困ったように笑いながら

「それ前も聞いたんだけど」と言うので

「本気で好きなんです」と言いました


好きな人からの答えはとても曖昧なもので、

でもきっとそれは好きな人の優しさ

悔しいなあ そんなところも好きなんだよ


告白して「嬉しい」って言われて

こんなに切ない気持ちになることってある?

水族館に行きたい

水族館に行きたい

魚をずっと眺めていたい


いいよね 魚って

私も水の中をずっと泳いでいたい


次に生まれ変わるなら魚がいいな

食べられる方でも食べられない方でもいいよ


水の中ってどんな感じなんだろうね

やっぱりそれなりに大変なのかな


私たちのしている呼吸と魚たちのしている呼吸ってどっちが大変なんだろう


私には分からないや

もやもやした気持ちが

最近集合時間の二時間前には場所に着いてしまう

そして結局疲れて途中で帰る、みたいな


向精神薬を飲んだときのアカシジアみたいに行動してないと落ち着かない

体力はついていかないのにね


最近5kgくらい痩せました

ごはん買うお金はあるけれど、食べる気力がなくて食べてなかったらこうなった

たぶん夏バテじゃなくて鬱期なんだと思う

もちろん体力も落ちました

職場まで行くのに何回も休憩して精一杯

階段を登るのだって手すりに掴まって精一杯

おばあちゃんかよ


もうダメなんじゃないかなって思ったけど生きてるんだよなあこれが


シーシャ吸ってゆっくりしたい

好きな人と二人きりでお話ししたい


私はいつまで生きるんだろう


本当につらいときは誰も助けてくれない

本当につらいときは誰も助けてくれない

自分で自分を助けてあげるしかない


しかしそれはとてもつらいことなんだ

いつも簡単に切り抜けてるわけじゃない


頭の中は常に「死」でいっぱい

苦しくて息ができない

それでも息をしなくちゃ 生きなくちゃ


こんな人生になんの意味があるのだろう