遺書

よく生きました。

よく生きました。

素晴らしい人生でした。

でも私は素晴らしい人生に適合できなかった。

息をしているだけで辛かった。

悲しかった。

心臓が動いているのが怖かった。

頭が働いているのが怖かった。

まあ途中から頭は使い物にならなくなったけど。

たくさん恋をした。

自分にはないものが欲しかった。

息苦しくなく生きている人の心臓の音を聴くのが大好きだった。

羨ましかった。

皆つらいことや悩みを抱えて、乗り越えて、キラキラ輝いていた。

生き生きしていた。

みんなちゃんと生きていた。

羨ましかった。

私の周りには素晴らしい人間しかいなかった。

みんな素敵だった。

みんな美しかった。

ちゃんと心臓が動いて、息をしていた。

苦しくなさそうに、それが当たり前みたいに、息をしていて、つらいことや悲しいことも抱えて、それでも笑って生きてて、それが羨ましかった。

私には無いものだったから。

みんなみたいに苦しむことなく息を吸いこみたかった。

つらいことや悲しいことを抱えていても、ちゃんと心臓動かして生きていきたかった。

なんやかんや言ってみんなはちゃんと生きてる。

しっかり生きてるよ。

えらいよ。

私は誰の好意だって上手く受け取ることができなくて。

他人の感性が分からなくて。

生きてるのがつらかった。

悩みがあるとかじゃなくて息をしているのがつらかった。

私も皆みたいに普通に息を吸って心臓動かして、悩みや悲しいことも抱えて。

憧れてたんだ。

普通に息を吸って吐いて、心臓を動かしている人間に。

私の人生はそれはそれはとても恵まれていました。

家族にも友達にも恋人にも。

病気になってしまったのはただの私の甘えなんです。

精神病になりたかったんです。

きっと。

私だけの特別が欲しかったんです。

でも精神病は思ってた病気と違って、死ぬほどつらいのに死ねなくて、ああ、だからみんな自殺しちゃうんだなって思ったんです。

あのね、どれだけ勉強したってね、精神病の人の気持ちが分かるのは精神病の人だけだよ。

治った人はもう違っちゃうんだよ。

死ぬほどつらいのに死ねない病気が精神病。

覚えておいてね。

なんでオーバードーズするのかよく聞かれるけど自分で飲む量調整できないんだよ。

効いたって分かるまで飲み続けたいの。

ふわふわしたいの。

現実から離れたいの。

こんなにも息がしづらい現実から。

私は2月22日に死にます。

22年間もの間たくさんの経験をさせて頂きました。

ありがとうございました。